SHOCHU Mix up2020

こんにちは!焼酎プロモーターの亜樹穂です。先日、宮崎焼酎のイベントにお邪魔してきました!世界に向けた宮崎焼酎の可能性を蔵元と専門家が考え、発信するイベントです。20社もの蔵元さん、専門家がいらっしゃいました。

SHOCHU Mix up 2020~みやざき焼酎の未来~の概要

日程:2020年1月26日(日)11:00~18:00
会場:PLUS TOKYO
主催:Miyazaki Shochu&Foods Festival
参加費:3,500円(6枚綴りバウチャー付き)
詳細: https://miyazaki-shochu-food.jp/event/shochu-mix-up-2020

SHOCHU Mix up 2020~みやざき焼酎の未来~に参加していた蔵元

蔵元さん(敬省略)をご紹介します!こんなに宮崎に蔵元があることにも驚きました!5年連続焼酎出荷量1位にも頷けます。

  • 高千穂酒造
  • 神楽酒造
  • 姫泉酒造
  • 佐藤焼酎製造場
  • 尾鈴山蒸留所
  • 黒木本店
  • 雲海酒造
  • 渡邊酒造場
  • 落合酒造場
  • すき酒造
  • 明石酒造
  • 霧島酒造
  • 柳田酒造
  • 櫻の郷酒造
  • 小玉醸造
  • 京屋酒造
  • 古澤醸造
  • 井上酒造
  • 寿海酒造
  • 松露酒造

全て回りきることはできなかったのですが、いくつかの蔵元さんにお話を聞かせていただきましたよ…!

寿海酒造ブース

私は『いも美』(25度)をいただきましたが、スッキリとした軽い口当たりで飲みやすい芋焼酎でした!寿海酒造の吉田さんも「飲みやすいでしょう!」と太鼓判を押していたので間違いないです。

京屋酒造ブース

私は『雫ル』(20度)をいただきました!「前割りですか?」という言葉が思わず口をついて出てしまうくらい透明感のある味でした。柄杓で掬うスタイルがオシャレですね。長期貯蔵で寝かせているので、味がまろやかになっているように感じました。

雲海酒造ブース

最近話題の『木挽BLUE』をいただきました!まず、透き通った青いボトルが可愛い。気軽に手に取れそうなデザインですね。キリっとした味わいです。25度あることが信じられない口当たりが軽い。芋=パワフルだけではないと教えてくれる一品です。

アンバサダー×蔵元による焼酎カクテル

焼酎カクテル達

私がこのイベントで一番驚いたのは、蔵元とバーテンダーがコラボしてつくる焼酎カクテルがこんなにもあること。
本格焼酎でつくったカクテルを飲んだことってありますか?
私はこの日まで飲んだことがなかったので、実はとても楽しみにしていました…!
焼酎カクテルブースは、バウチャー(チケット)交換制なのでバウチャーを切り離してバーテンダーにお渡しします!

京屋酒造×蛯原三奈(フリーランスバーテンダー/HINATA master blender) の作品をいただいている私の様子です。柚子のクラフトジンをベースにしているので、口当たりはほんのり甘め。
グラスの底にいるとろとろの柚子達が甘いので、スイーツを食べているのかと錯覚してしまうほど。グラスにお花も浮かべられていたので、とても可愛いカクテルです。

おわりに

宮崎焼酎の蔵元が1つの会場に集まり、焼酎を知ってもらうイベント。蔵元がどんな想いを込めて焼酎を作ったのか、どんな飲み方が美味しいのか知ることができてとても楽しいです。楽しそうに自社製品の話をする蔵元さんからは元気をもらえます!

焼酎カクテルは、焼酎の新しい楽しみ方を知るきっかけになりました。スタンダードな飲み方で原料の味を知ることも大事ですが、焼酎カクテルから入ってもらうと、男女問わずとっつきやすくていいのかもしれないなと思います。

本格焼酎を引き立てつつ美味しいお酒を新しく創り出すアンバサダーのみなさまの想いにも感動しました。
宮崎の食材を使ったお寿司やどんぶり等、ご飯も充実していたのであっという間に数時間経ってしまいました!いい日曜日をありがとうございます。

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐり
味や香りを表現する方法として、音楽や映画を用いることに挑戦中。

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。現在は焼酎唎酒師を取得しようと奮闘中。