皆さん、こんばんは!焼酎プロモーターの亜樹穂です。「焼酎って何から飲んだらいいのかわからない…」「あの美味しかった焼酎と似たようなものを飲みたいけど、どんな味だったか思い出せない。」そんなことはありませんか?
RANBIKIでは、あなたが求めている焼酎が見つかるものさしをつくっています。

RANBIKIマトリクスとは

RANBIKIマトリクスとは、RANBIKI編集部で様々な本格焼酎を飲み比べて感じた香りと味わいを図にしたものです。香りを横軸で表し、味わいを縦軸で表しています。

【横軸について】
フルーティー:バナナのような香り、ライチのような香りなど
シンプル:芋の香り、麦の香ばしい香りなど

【縦軸について】
サッパリ:口当たりが軽いもの。爽やかな味わい
パワフル:味に迫力があるもの。どっしりとした味わい

左上の「サパフル焼酎」から順にゾーンの特徴や当てはまる焼酎の具体例を提示していきます。

【サッパリ×フルーティー】サパフル焼酎は初心者向け!

口当たりが軽く、フルーティーな香りがする焼酎を『サパフル焼酎』と名付けました。フルーティーな芋焼酎や黒糖焼酎は『サパフル焼酎』です。
RANBIKIに掲載している濱田酒造様の『だいやめ(芋)』小正醸造様の『小鶴PINK GOLD(芋)』はこちら。

【サッパリ×シンプル】サパシン焼酎は飲める焼酎の種類を増やしたい方向け!

飲み口はサッパリしているものがいい。素材の味も楽しんでみたい。
フルーティーなものは飲み慣れた方はこちらをお試しくださいませ。
米焼酎や麦焼酎は『サパシン焼酎』です。RANBIKIに掲載している若鶴酒造様の『蔵人の戯れ(米)』小正醸造様の『白猿(麦)』があげられます。

【シンプル×パワフル】シンパワ焼酎は素材の旨味をダイレクトに味わいたい方向け!

飲みごたえは、ガツンと。素材の味もしっかり感じられるものがいい。素材の味がダイレクトに来る芋焼酎は『シンパワ焼酎』です。
昔ながらの芋焼酎をよく飲む方にオススメ。例えば、姫泉酒造様の『無濾過 御弊(芋)』サントリー様の『大隅-OSUMI-<芋>』があげられます。

【フルーティー×パワフル】フルパワ焼酎はウイスキー・ラムが好きな方向け!

フルーティーな香りを楽しみたい。味にインパクトもほしい! 長期貯蔵した黒糖焼酎や芋焼酎の原酒 は『フルパワ焼酎』です。ラムやウイスキーをよく飲む方にオススメ。
RANBIKIに掲載している町田酒造様の『長期貯蔵 里の曙 原酒(黒糖)』やゑびす酒造様の『らんびきGOLD(麦)』があげられます。

RANBIKIマトリクスに対する想い

本格焼酎の種類は本当に豊富です。どの焼酎を最初に飲むかで印象が大きく変わります。最初の1杯で好きになる人もいるし、あまり好みじゃないな…と離れていく人、そもそも飲まない人もいらっしゃいます。
なぜ飲まれないか。それはワインや日本酒のような味の指標がないからではないかと考えています。

亜樹穂
亜樹穂

指標がないなら、RANBIKIが本格焼酎の味わいを定義してみたらいいのではないかと思い、RANBIKI編集部で作成しました。どんなフレーズなら分かりやすいのか…と試行錯誤しながら、様々な焼酎を飲み比べてつくっています。笑
皆様のお酒選びの参考にしていただけると本当に嬉しいです。

RANBIKIはサパフル焼酎をメインに紹介します!

では、『RANBIKI』はどんな焼酎をプロモーションするメディアなのか。そんな疑問を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。
RANBIKI編集部は『サパフル焼酎』をメインに取り上げていきます!

亜樹穂
亜樹穂

本格焼酎のイメージをいい意味で裏切ってくれる。初心者にも飲みやすい味わいは『サパフル焼酎』だと考えています。最初の1杯。あなたが本格焼酎を知るきっかけに『サパフル焼酎』をぜひ。

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐり
味や香りを表現する方法として、音楽や映画を用いることに挑戦中。

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。現在は焼酎唎酒師を取得しようと奮闘中。