皆さん、こんばんは!一人でも多くの人に焼酎を飲むきっかけを与えたい。
焼酎プロモーターの亜樹穂です!
本日は、知覧醸造さんの『知覧Tea酎』試飲レポートをお届けします!

個人的に『dancyu 読本 本格焼酎。』を読んでからずっと気になっていた子です。
少し新しいタイプの芋焼酎を探している方、お酒はあまり得意ではないけどお茶はよく飲む!という方にも楽しんでいただける記事となっています。

焼酎ビギナー向けトピック『dancyu 読本 本格焼酎。』とは?

『dancyu』はグルメ雑誌のイメージが強い方も多いのではないでしょうか?
そんな『dancyu』が「豊かなフレーバー」をテーマにした焼酎特集の回が2020年4月に発行されました!それが『dancyu 読本 本格焼酎。』
最新の焼酎トレンドが網羅されているので、焼酎ビギナーも焼酎ファンも楽しめる一冊。

同時期に『dancyu 合本 本格焼酎。』も発行されています。こちらは、過去に取り上げられた焼酎特集を一冊にまとめたものです。
焼酎トレンドの歴史を知りたい方は、こちらもオススメ。

知覧茶(緑茶)と黄金千貫(さつま芋)の出会いで生まれた『知覧Tea酎』

2018年6月に誕生した『知覧Tea酎』構想にはなんと10年近くの期間がかかったそう‥!

現在、知覧醸造で杜氏を担う森さんは元々お茶を製造・販売する会社に勤めていたそうです。その会社で出会ったのが現在の奥様。
奥様との出会いをきっかけに奥様のお父様が経営する焼酎蔵で焼酎づくりを手伝うことになったとのこと。

結婚してからは、茶畑の管理とお茶の製造も続けながら、焼酎造りのお手伝いをされていたそうです。(現在も茶農家と蔵元の兼務をしていらっしゃいます‥!)
二足のわらじでお仕事を続けているうちに、茶葉の消費量が減少している事実を知り、焼酎と緑茶を組み合わせて何かできないものかと考え始めたことが開発に至った経緯なのだそう。

  • アルコール度数 25度
  • ジャンル 本格芋焼酎
  • 原材料 さつま芋(鹿児島県南九州市産)、米麹、緑茶(鹿児島県南九州市産)
  • 飲み方 ロック、炭酸割り、牛乳割り
亜樹穂
亜樹穂

緑茶と芋焼酎を組み合わせる考えはどうしたら浮かぶんだろう‥不思議に思っていたのですが、納得ですね‥!

ラベルも首についている飾りも可愛いので、飲む前からワクワクします。

もろみに知覧茶の一番茶を投入!

『知覧Tea酎』の特長は三段仕込み。本格焼酎の多くは、二段仕込みで造られています。
ちょっと、本格焼酎の造り方があまりイメージできないかも‥と思われた方は、こちらの記事で本格焼酎の造り方をお話していますので、よかったらご覧になってもらえたら嬉しいです!

三段仕込みの流れを簡単にお話します。一次仕込みでは、水・酵母・麹を発酵させます。二次仕込みでさつま芋全量のうち半分を投入します。三次仕込みで残り半分のさつま芋と茶葉を投入します。

多くのもろみは、さつま芋の断面のような黄色がかった白色なのですが『知覧Tea酎』はそこに深い緑色が加わったマーブル色のもろみになるそうです。

亜樹穂
亜樹穂

酒蔵さんのSNSでもろみをよく拝見していますが、確かに緑がかったもろみは見たことがないですね‥!

さつま芋の香りと緑茶の香りが合わさるなんて想像しただけでもいい香りが空間に広がっているんだな‥とうっとりしてしまいます。

見た目は透明なのに緑茶の香り‥!

では、早速飲みましょう‥!開栓すると、まず感じるのは緑茶の香り!
その後にふわっとさつま芋の香りがやってきます。不思議‥!

亜樹穂
亜樹穂

緑茶の香りとさつま芋の香り。どちらの香りも味わいも楽しめる飲み方を見つける楽しみがありますね!

『dancyu』で知った牛乳割りもドキドキしながら初めて挑戦してみましたよ‥!

【ロック】緑茶の甘みと芋の旨味をダイレクトに。

『知覧Tea酎』とロック
亜樹穂
亜樹穂

一口含むと、まずは緑茶の茶葉の甘みが口の中に広がっていきます。まろやかで、美味しい緑茶をたくさん使っているんだな‥と杜氏の森さんに感謝したくなる味わい。

後からさつま芋の甘みが余韻として喉元に残ります。

茶葉の甘みをダイレクトに楽しめる飲み方だと思います。

【牛乳割り】これは抹茶ミルク‥!

『知覧Tea酎』と牛乳割り
亜樹穂
亜樹穂

芋焼酎と牛乳なんて大丈夫なのか‥!?と心配になりましたが、杞憂に終わりました!笑

カルーアミルクを彷彿とさせるほんのりと甘い味わいに変化します!

これは芋焼酎を普段飲まない人に試していただくと、驚くのはないでしょうか?

抹茶ミルク感覚でスイスイ飲めるので、飲み過ぎにはお気をつけて‥!笑

【緑茶割り】緑茶×緑茶で旨味と爽やかさが倍に!

『知覧Tea酎』と緑茶割り
亜樹穂
亜樹穂

緑茶×緑茶だと『知覧Tea酎』の味わいがわからなくなるのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

個人的には、緑茶×緑茶はありだと思います!

今回は『伊右衛門』で割ってみましたが、『伊右衛門』の緑茶の味の後に、ちゃんとさつま芋の甘みと知覧茶の旨味の余韻が残ります!

緑茶の旨味とさつま芋の甘みが広がるサッパリ×フルーティーな味わい

RANBIKIマトリクスサッパリ×フルーティー
亜樹穂
亜樹穂

『知覧Tea酎』はサッパリとした口当たりで、飲み方のレパートリーも豊富!焼酎ビギナーにもぜひ試していただきたい1本ですね。

オススメの飲み方は、ロック!

『知覧Tea酎』とロック

どの飲み方も美味しいからとても迷ったのですが‥
やはり、緑茶の甘みとさつま芋のコクを堪能できるのはロックではないでしょうか。

ロックグラスに大きめの氷を2つくらい入れていただき、まずはマドラーでグルグル回しましょう。こうすることで、グラスが冷えてより焼酎が美味しくなります。
その後、グラスの半分くらいまで『知覧Tea酎』を注いだら完成!

おわりに

『知覧Tea酎』試飲レポートいかがでしたか?
この記事を読んで飲んでみたいと思うきっかけになってもらえたらとても嬉しいです。
関東ですと、狛江の籠屋さんと千駄木の伊勢五本店さんで売っているそうです!
気になる方はぜひお試しを◎

亜樹穂
亜樹穂

実は私、今回の緑茶割りが本格焼酎お茶割りデビューでした!なんとなく、お茶が強いから本格焼酎の素材の香りや味が負けてしまうのでは?と思っていたのですが意外と問題ないですね!

サッパリタイプなら相性がいいのかも。他の焼酎でも試してみます!

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐり
味や香りを表現する方法として、音楽や映画を用いることに挑戦中。

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。現在は焼酎唎酒師を取得しようと奮闘中。