皆さん、こんばんは!一人でも多くの人に焼酎を飲むきっかけを与えたい。
焼酎プロモーターの亜樹穂です!本日は今年1本目のとっておき焼酎NEWSをお届けします!
2021年2月から3月にかけて、新作焼酎情報が目白押し!
なかなかのボリュームなので、お付き合いいただけると嬉しいです。笑

さて、これまでは宮崎県や鹿児島県など地域ごとに本格焼酎の新作情報をお届けしましたが、今回は試験的にほぼ日付順でまとめてみようかなと思います!
今回の記事は、新作焼酎を探している方やちょっと普段と違うテイストの焼酎をお探しの方にも楽しんでいただける内容になっています!

【小鹿酒造】『小鹿本にごり』紙パックタイプ 2021年2月1日より出荷開始!

鹿児島県に位置する小鹿酒造さんは、2021年2月1日より『小鹿本にごり』の紙パックを出荷されます!
『小鹿本にごり』は、「昔ながらの濃厚で濃い芋焼酎が飲みたい…」という想いから生まれた商品なのだとか。
900mlと1,800mlの瓶で販売していらっしゃいますが、新たに紙パックタイプで900mlと1,800mlでも販売されるそうですよ!

亜樹穂
亜樹穂

昔ながらの濃厚でコクのある芋焼酎ファンからしたら、たまらない1本ではないでしょうか?紙パックの本格焼酎だと保管も飲み終わった後の片付けも楽ですね!家に常備しやすそう!

【霧島町蒸留所】『明るい農村の四季(春)』2021年2月3日より発売開始!

鹿児島県に位置する霧島町蒸留所さんは2021年2月3日より『明るい農村の四季(春)』を発売されます!昨年も発売していたそうですが大好評につき、完売したのだとか!
四季シリーズの中でも最も優しい飲み口で「新鮮なメロンのような青い甘さが楽しめる焼酎」らしいです!

亜樹穂
亜樹穂

メロンのような青い甘さの芋焼酎は気になります!
ソーダ割りやロックで飲むと美味しそうな予感。
そして、ラベルのイラストのかわいいこと…!
ほっこりしますね!

【濵田酒造】『海童 春雲紫』2021年2月4日より発売開始!

鹿児島県に位置する濵田酒造さんは、季節限定商品としてラベルデザインをリニューアルした『海童 春雲紫』を2021年2月4日より発売されます!鹿児島県産の希少な紫色のさつま芋「頴娃紫(えいむらさき)」を使用しているそうです!
白麹で仕込み、コクと旨味を活かすために「粗濾過(あらろか)」で仕上げているみたい。

海童春雲紫_濵田酒造様
写真は濵田酒造さんよりお借りしました。
亜樹穂
亜樹穂

『海童』は種類がとても豊富ですよね!春を感じさせる桜色のラベル。
紫色のさつま芋を使っていることがわかる紫の文字も素敵ですね!
コクと旨味を楽しめる紫芋の芋焼酎を探している方にオススメ!

【国分酒造】『3年貯蔵いも麹芋』を2021年2月中旬から3月にかけて発売開始!

国分酒造さんは、2017年に仕込んだ『いも麹芋』をタンクで3年以上貯蔵したものを2021年2月中旬から3月にかけて発売されます!
ちなみに、『いも麹芋』は1997年に初めて仕込み、1998年秋に業界初の芋100%の芋焼酎として発売されています。国分酒造さんの杜氏、安田さんが独自の手法で造り上げた「芋麹」は『安田』『フラミンゴオレンジ』にも使用されています!

3年貯蔵芋麹芋_国分酒造様
写真は国分酒造さんのHPよりお借りしました。
亜樹穂
亜樹穂

『いも麹芋』は私も大好きな銘柄の一つです!その子が3年以上も貯蔵されたらどんな味わいになるのでしょうか…!
まろやかになっているのか。甘みがもっと増しているのか。
通常の『いも麹芋』と飲み比べてみたくなりますね!

【国分酒造】『フラミンゴオレンジ』2021年3月12日より発売開始!

国分酒造さんは、『フラミンゴオレンジ』を2021年3月12日より発売されます!
「いも麹」と減圧蒸留で造られているため、柑橘類を思わせるフルーティーな香りが特徴です!

写真は国分酒造さんのHPよりお借りしました。
亜樹穂
亜樹穂

『フラミンゴオレンジ』の季節がついにやってきましたね…!
SNSでよく見かけるので、ご存知の方も待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?
去年は買い逃したことが本当に悔しかったです、、
今年は発売日に特約店に駆け込みます!笑

【黒木本店】『尾鈴山 山ねこ 銅釜蒸留』2021年2月末から3月1日にかけて発売開始!

宮崎県に位置する黒木本店さんは、『尾鈴山 山ねこ 銅釜蒸留』を2021年2月下旬から3月1日にかけて発売されます!
『山ねこ』を銅の蒸留器で蒸留することで、レギュラー銘柄の『山ねこ』以上に香ばしく、膨らみのある余韻が楽しめるのだとか…!

亜樹穂
亜樹穂

本格焼酎は蒸留する機械の素材が変わることで風味にも変化が出るんですね…!
そこに驚きました!最近、ジョイホワイトで造られた芋焼酎を飲むことがマイブームなのですが『山ねこ』も飲んでみたくなりました!

【松露酒造】『SETOKA PEEL LIQUEUR』が2021年3月1日より蔵出し開始!

宮崎県に位置する松露酒造さんは、『SETOKA PEEL LIQUEUR』を2021年3月1日より蔵出しされます!松露酒造さん初のリキュールなのだとか‥!500本限定ということなので、気になる方はお早めに‥!

亜樹穂
亜樹穂

「せとか」はみかんの大トロと呼ばれ、柑橘類の最高峰らしいです!
そんな贅沢なリキュールは柑橘類好きにはたまらないのではないでしょうか?
都内の特約店で買えるのかな‥!探してみます!

【中村酒造場】『甕仙人 ブルーボトル』2021年3月1日より蔵出し開始!

鹿児島県に位置する中村酒造場さんは『甕仙人 ブルーボトル』を2021年3月1日より蔵出しされます!定番銘柄『甕仙人』との違いは、さつま芋の種類!
ブルーボトルの方は宮崎県小林市の契約農家が栽培した「黄金千貫(コガネセンガン)」を使用しているそうですよ!

亜樹穂
亜樹穂

ブルーボトルの『甕仙人』は普段との違いがさつま芋の種類なんですね!
これは定番銘柄との飲み比べをすると味の違いを感じられそう‥!
お湯割りのイメージが強いですが、他の飲み方もやってみたいですね!

【すき酒造】『2021年版 山猪』が2021年3月2日より発売開始!

宮崎県に位置するすき酒造さんは『2021年版 山猪』を2021年3月2日より発売されます!
スーッと入ってドバーッと広がる味わいなのだとか‥!

亜樹穂
亜樹穂

口当たりは軽くて、さつま芋の旨味やコクが一気に来るのでしょうか?
すき酒造さんの造る『山猪』の定番銘柄との飲み比べが楽しめそうですね!
「超豪傑芋焼酎」というキーワード気になります。笑

【大浦酒造】『みやこざくら金時芋』2021年3月3日より出荷開始!

宮崎県に位置する大浦酒造さんは、『みやこざくら金時芋』を2021年3月上旬より発売されます!
「金時芋」を使っているそうですが、今年は例年よりも香りがいいのだとか‥!

亜樹穂
亜樹穂

金時芋はなると金時かな‥?『みやこざくら』は花札のようなラベルが可愛いですね!通常銘柄は、数種類の芋をブレンドしているみたい!
飲み比べをすると、香りや味わいの変化を楽しめそう!

【落合酒造場】『裏赤江』が2021年3月4日より発売開始!

宮崎県に位置する落合酒造場さんでは、2019年に好評だった『赤江の3番』をベースにした『裏赤江』を2021年3月4日より発売されます!
「紫優(むらさきまさり)」と呼ばれる紫芋で仕込んでいるのだとか。ソーダ割りとロックが美味しいそうですよ!

亜樹穂
亜樹穂

『裏赤江』の裏の意味がとっても気になります!
Instagramの投稿にある紫色のもろみがとってもキレイで‥!
コロナ禍が落ち着いたら、蔵見学に行ってみたいものです‥!

おわりに

「亜樹穂の蔵出し!とっておき焼酎NEWS~vol.11~」をお届けしました!
春も新作焼酎が目白押しですね!皆さんの飲んでみたい1本が見つかるきっかけになりますと幸いです!
次回もお楽しみに!

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐりと酒屋さんめぐり

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。2021年3月に焼酎唎酒師を取得。