皆さん、こんばんは!一人でも多くの人に焼酎を飲むきっかけを与えたい。
焼酎プロモーターの亜樹穂です!
本日は首都圏を中心に酒販店を展開するIMADEYA(いまでや)さんによるオンラインイベント「吉田酒造店 吉田康之氏× 中村酒造場 中村慎弥氏 同期生による豪華対談」の参加レポートをお届け!
こちらのイベントは、2021年5月1日(土)12:00~13:30に開催されました!

今回の記事は、日本酒『手取川』を造る吉田酒造店ファンも本格焼酎『なかむら』を造る中村酒造場ファンにも楽しんでいただける内容になっています!
前半では、オンラインイベントの様子を後半では『手取川』と『Amazing』の試飲レポートもお届けします!

吉田康之氏と中村慎弥氏は東京農大の同期!

中村さんと吉田さん
写真はIMADEYAさんのHPよりお借りしました。

IMADEYA GINZAさんは開店してから今年で4周年!この4周年のお祝いしようと造られたのがIMADEYA GINZA限定『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒 720ml -IMADEYA GINZA 4th ANNIVERSARY-』の発売が決定!

IMADEYA GINZAの店長大川さんと吉田酒造店の吉田康之さんが同年代ということから同年代の焼酎蔵を呼んで対談イベントにしてもいいのでは?それなら、東京農大の同期である中村さんをお呼びしては?というアイデアから生まれたイベントなのだそう。

イベントはこのような流れで進みました!

  • IMADEYAさんから挨拶
  • 吉田さん、中村さん自己紹介
  • 吉田酒造店さん蔵見学及び『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』のお話
  • 中村酒造場さん蔵見学及び『Amazing』のお話
亜樹穂
亜樹穂

東京農大の同期の対談は豪華過ぎますね!しかもそのお二人が日本酒業界と焼酎業界の未来を担う若きリーダーなんて素敵過ぎませんか‥
IMADEYA GINZAさんの4周年祝いで新しく日本酒を発売されるところからも店長の大川さんと吉田さんの関係の深さが伝わり、ほっこりしますね!

オンラインイベント参加セットはとても豪華!

今回のイベントではオンラインイベント参加セットが2種類あります。
7,000円プラン

  • 手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒 720ml -IMADEYA GINZA 4th ANNIVERSARY- 720ml×1
  • なかむら 720ml
  • 食品×2

10,000円プラン

  • 手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒 720ml -IMADEYA GINZA 4th ANNIVERSARY- 720ml×1
  • Amazing 550ml
  • 食品×2

私は今回はせっかくなら『Amazing』を飲んでみたいと思いましたので、後者のセットを注文しました!
中身はこちら!

亜樹穂
亜樹穂

めっちゃ豪華‥!届いた瞬間にとってもテンションが上がりました!
GWのお昼からこんな贅沢ができるなんて幸せだなとにやけが止まらず‥笑
チョコレートとコーヒーはオンラインイベントでどう使われるのかワクワクしますね!

『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』は新種の酒米「百万石乃白」と中硬水がこだわり!

オンライン蔵見学は、自社栽培されている酒米の水田から始まりました!
『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』は新種の酒米「百万石乃白」が使われているそうですよ!普段は「五百万石」や「山田錦」を使って醸しているそう。
「百万石乃白」はミネラル感の強いお米なので、相性のいい中硬水を選んで仕込んだそうです。

その後に山廃専用の酒母(お酒のもと)を造るお部屋を案内していだくという流れで進みました。
オンライン蔵見学の中で特に印象に残ったのは蔵の神様。「松尾様」のお話です。
かねてより、酒蔵は女人禁制とされていました。

その理由は、酒蔵の神様である松尾様が女性だから嫉妬してしまうということが理由だったみたい。
現在、吉田酒造店さんには女性の蔵人もいらっしゃるそうで、細かい所まで気を配ってくれるからより美味しいお酒が造れるようになったとおっしゃっていました!

亜樹穂
亜樹穂

自社で水田を持ってお酒造りをされるなんて、まるでワインのドメーヌみたいと思いました。
山廃のお部屋と通常のお部屋と分かれていることは当たり前なのかもしれませんが、勉強になりました!
吉田さんの説明がとてもわかりやすくて、日本酒の勉強ももっとしたくなりますね。

『Amazing』は蔵にいる黄麹・白麹・黒麹が使われている!<

ハイブリッド麹

続いて、中村酒造場さんのオンライン蔵見学が行われました!
130年以上使われている甕と米麹をつくる専用の部屋麹室(こうじむろ)の案内をしてくれましたよ!

『Amazing』は中村さんがただ美味しいお酒を造るだけでなく蔵を表現するお酒を造りたいと思ったこと、中村酒造場さんでは先代も先々代も自分のお酒を造っていたので、中村慎弥さんも自分のお酒を造りたい!という思いからも生まれたそうです!

そのためには、やはり麹が重要。もっと麹菌を知る必要がある!と思った中村さんは種麹屋さんに弟子入りすることを決めたんだとか!
※種麹屋さん(酒蔵さんが米麹に使う麹菌を購入する場所)

蔵を表現するお酒にするには、もしかしたら中村酒造場の蔵にいる麹菌を集めたら面白いお酒が造れるのでは‥?
と思い、麹室に蒸したお米にホカホカに温めたタオルを乗せて数日放置した結果ハイブリッド麹が誕生したそうです!

亜樹穂
亜樹穂

ハイブリッド麹ってなんだろう‥?と思っていたのですが、蔵に住んでいる麹菌を集めたことに驚きました。麹室以外の場所で同じことをやっても腐敗しただけだったという話を聞くと麹室の空間が素晴らしいなと思います。

では、次のパートから試飲レポートに移ります!

『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』はメロンのような香りと米の旨味が楽しめる!

手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒 720ml -IMADEYA GINZA 4th ANNIVERSARY-
  • ジャンル 清酒 山廃純米大吟醸
  • アルコール度数 14度
  • 原材料 米(石川県産)、米麹(石川県産米)
  • 原料米 百万石乃白 100%
  • 精米歩合 50%
亜樹穂
亜樹穂

ラベルがオシャレ!IMADEYA GINZAの店長大川さんと吉田酒造店の吉田さんの似顔絵だそうです!

お米の旨味が強いですね!スッキリした口当たりで優しい味わいの中にしっかりとコクが感じられて美味しかったです‥!
こんなにサッパリしているのに無濾過原酒ということに驚きました。
個人的に酒米の違いが気になったので、「五百万石」を使用した『手取川』と飲み比べてみたいです!

オススメの飲み方は冷酒!

『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』とワイングラス

吉田さんオススメの飲み方は、10℃~20℃に『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』を冷やしてワイングラスでいただくことだそうです!

また、オススメの料理は白身魚や根菜だそうですよ!

亜樹穂
亜樹穂

お猪口とワイングラスで飲み比べてみましたが、香りの出方が全然違うことに感動!
酒器を変えると香りの広がり方が変わるので、お酒のタイプによって酒器を変えることも家飲みで意識したくなりました。

FILFIL チョコレートはピリッとした山椒の味わいとビターな甘さを楽しめる!

吉田さんが『手取川』に合うチョコレートをつくってほしいと頼んだそうです!
チョコレートの造り手は、石川県で「bean to bar」のチョコレートをつくるFILFIL CACAO FACTORY
『FILFIL CACAO FACTORY』は、金沢のフレンチと自然派ワインレストラン『FIL D’OR フィルドール』がプロデュースするチョコレートブランドだそう!

『手取川』には柑橘類が合うだろうと、大きめのオレンジピールが!日本酒との親和性も高めるためにミネラルが豊富な天日塩も入れ込んでいるそうです。

亜樹穂
亜樹穂

まず驚いたのは金粉!石川県といえば金のイメージはありますよね。
一口食べると、ガナッシュのようなザクザクとした食感に新鮮さを感じます。
その後に塩気と山椒の辛味をほんの少し。これはお酒に合うチョコレートだわ‥と美味しさを噛み締めていました。

『Amazing』はスモモやピンクグレープフルーツの果皮の香りと干し芋のニュアンスが楽しめる!

『Amazing』はボトルデザインやラベルデザインなどにも徹底的にこだわっているそうで、試飲した時に思い浮かんだ香りや風味をラベルデザインに盛り込んでいるそうです!
今年の秋には、ver.2も販売予定らしいですよ!

Amazingと外箱
  • ジャンル 本格芋焼酎
  • アルコール度数 33度
  • 原材料 熟成オレンジ芋(国産)、室付き麹(白黒黄ハイブリッド)、米麹(国産)
  • 特徴 無濾過、無加水、酵母無添加
  • 飲み方 ソーダ割り、お湯割り
亜樹穂
亜樹穂

ロット番号の欄に606/1082と記載されているのを見て、限定生産であることをあらためて実感しました。ラベルがかわいい!中村酒造場さんの本格焼酎で、透明なボトルは珍しいかも‥?

オススメの飲み方はソーダ割り!

Amazingとソーダ割り2
『Amazing』とソーダ割り

中村さんオススメの飲み方は、ソーダ割り!
『Amazing』と炭酸水が、1:4になることをイメージすると美味しくなるそう。
薄めのソーダ割りを意識してみるといいかもしれません。
『Amazing』をしっかりと冷蔵庫で冷やしておくのも忘れずに。

亜樹穂
亜樹穂

ストレートで飲むと、干し芋のようなちょっと熟成したさつま芋の香りを感じますね!
一口飲むと、ピンクグレープフルーツの果皮やスモモといった甘酸っぱい果実の風味がどん!と押し寄せます。
この香りはソーダ割りにしても負けないからすごいですね‥!

『Amazing』は干し芋のような香りと甘酸っぱい果実の余韻が楽しめるサッパリ×フルーティーな味わい

RANBIKIマトリクスサッパリ×フルーティー
亜樹穂
亜樹穂

インパクトが強い芋焼酎ですね!焼酎ビギナーにオススメしやすいかどうかの観点では正直な所ちょっと悩ましい‥!笑
芋焼酎を飲み慣れている方の方が『Amazing』の美味しさを感じやすいかもしれません。

ヴォアラ珈琲 コーヒー豆セットは珈琲を飲み慣れていなくても飲みやすい!

中村さんが毎日通うほど大好きな珈琲店の特別なセットでした!
こちらは『Amazing』に合わせるのではなく中村さんの大好物をお裾分けしてくださった感じです。笑
ケニアのグランクリュ畑、定番のエチオピアは通常タイプとデカフェ、ニカラグア、そしてCOEコスタリカのコーヒー豆セット
インスタントタイプなので、お湯を沸かしてハンドドリップですぐ飲めるのはありがたい。

亜樹穂
亜樹穂

「ケニヤのグランクリュ」をいただきましたが、浅煎りでほんの少し酸味を感じられました!苦味も少なくて美味しかった‥!
普段珈琲をあまり飲まないのですが、飲みやすかったですね!

おわりに

今回は、IMADEYA(いまでや)さんによるオンラインイベント「吉田酒造店 吉田康之氏× 中村酒造場 中村慎弥氏 同期生による豪華対談」の参加レポート及び、『手取川 山廃純米大吟醸 無濾過原酒』と『Amazing』の試飲レポートをお届けしました!

いかがでしたか?気になった方はお試しくださいませ!

2021年5月6日現在は在庫ありになっていますが、数量限定なのでお早めに‥!

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐりと酒屋さんめぐり

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。2021年3月に焼酎唎酒師を取得。