皆さん、こんばんは!一人でも多くの人に焼酎を飲むきっかけを与えたい。
焼酎プロモーターの亜樹穂です!
本日は薩摩酒造さんの新商品「神の河ハイボール」試飲レポートをお届け!
薩摩酒造さんは、過去に「白波ハイボール」も発売していますので缶タイプの本格焼酎ハイボールは第二弾になります!

今回の記事は缶タイプのお酒をよく飲まれる方、薩摩酒造ファンの方にも楽しんでいただける内容になっています!

『神の河ハイボール』を2021年4月中旬よりコンビニエンスストア限定で販売開始!

神の河ハイボールと樽
『神の河ハイボール』写真は薩摩酒造さんからお借りしました。

薩摩酒造さんは2021年4月中旬よりコンビニエンスストア限定で『神の河ハイボール』を販売されます!
開発の背景としては、開栓してすぐに飲めるRTD飲料(Ready To Drinkの略)や本格焼酎をソーダ割りにした「本格焼酎ハイボール」の認知度が向上していることが要因なのだとか。
ラベルデザインは、既に発売されている『神の河』四合瓶のデザインをそのまま反映した点もポイントみたいですよ!

亜樹穂
亜樹穂

おお!薩摩酒造さんからRTDシリーズ第二弾嬉しいです!『神の河ハイボール』のラベルかわいすぎませんか!「本格焼酎ハイボール」の認知度が上がっているのは喜ばしいです。
コンビニならチューハイ買う方も多いと思うので、手にとってもらえたらいいなと思います。

『神の河』は2021年に発売33周年を迎える長期貯蔵麦焼酎!

日経POSセレクション2020_神の河
写真は薩摩酒造さんからお借りしました。

『神の河』は良質な二条大麦のみ使用し、ホワイトオーク樽で長期貯蔵・熟成したまろやかな味わいが特徴の麦焼酎。
また、日経POSセレクション2020「本格焼酎(4合相当)」のカテゴリーで売上No.1を獲得されています!なんと、1988年から22年間連続でのNo.1を維持しているそうですよ!

亜樹穂
亜樹穂

『神の河』は私も焼酎ビギナーの頃によくいただいていた麦焼酎ですね!
麦と麦麹が原料なのですが、麦の甘みがとても優しくて飲み心地のいい味わいだったことを覚えています。
気軽に飲食店で飲めて、スーパーでも購入できるのは嬉しいですよね!

『神の河』はコンプラ瓶のデザインを受け継いだボトル!

コンプラ瓶
コンプラ瓶 写真は薩摩酒造さんからお借りしました。

コンプラ瓶は海外にお酒や醤油を輸出する際に気候の影響による風味の劣化を防ぐ容器として使用されたものだそうです!江戸末期のパリ万博では薩摩藩として焼酎を出展する際にも使用していたのだとか。鎖国時代でも世界に焼酎を広めようとする心意気が伺えることから『神の河』にデザインを反映させたそう!

『神の河ハイボール』vs『神の河』ソーダ割り!!

今回RANBIKIでは、『神の河ハイボール』と『神の河』をソーダ割りにしたときにどちらが美味しいのか!という企画を実施してみることにしました!
現在、薩摩酒造さんでは『神の河』のソーダ割りを「神ハイ」と名付けていること。
Shochu’s dayというインターネット上の番組で薩摩酒造の本坊さんがゲストでいらしたときにも『神の河』ソーダ割りを勧めていたことがきっかけです!
まずは、『神の河ハイボール』の試飲レポートからご覧くださいませ!

開栓するとふわっと樽の香り‥!

神の河ハイボールラベル前
  • アルコール度数 7%
  • ジャンル スピリッツ(発泡性)
  • 原材料 本格焼酎(国内製造)、炭酸、酸味料

『神の河ハイボール』は麦の甘みと樽の芳醇な香りが楽しめる!

神の河ハイボールとグラス
『神の河ハイボール』とグラス
亜樹穂
亜樹穂

ソーダと麦焼酎が綺麗に調和されている印象を受けました!
麦の甘さと樽熟成によるまろやかな味わいにうっとり。。
プルタブを開けるだけでこの味が楽しめるのは嬉しい!

『神の河』のソーダ割りはサッパリしててスイスイ飲める!

神の河と神の河ソーダ割り
『神の河』と神の河ソーダ割り
亜樹穂
亜樹穂

『神の河』の香りと味わいが穏やかになったような気がします。
炭酸水が強すぎると、『神の河』の香りが落ち着きすぎてしまうので強炭酸水ではない方がいいかもしれません‥?
今回は、5:5でつくりましたが個人的には『神の河』多めの6:5でも試してみたいと思います!

『神の河ハイボール』vs『神の河』ソーダ割りの結果は‥?

麦焼酎とソーダの調和を楽しむなら『神の河ハイボール』がオススメ!
一方で、濃いめにつくってみる、ソーダの種類を変えてみるなど自分なりの味を作りたいならソーダ割りがオススメです!
両方飲んでみるとあなたの好みの味が見つかるかもしれません!
ちなみに私の好みはどっちか迷いましたが‥『神の河ハイボール』です!笑

『神の河ハイボール』で手軽に麦焼酎を楽しもう!

神の河ハイボールとウインナー
『神の河ハイボール』とおつまみ 写真は薩摩酒造さんからお借りしました。

このクオリティがコンビニで手に入るなんて最高すぎませんか‥!
リモート飲みのお供に、コロナ禍が明けたら宅飲みのお供にもいいですね!
オススメのおつまみは、燻製したチーズや生ハム、ナッツだそうです!

亜樹穂
亜樹穂

『神の河』にはハイボール・ソーダ割りはじめ色々な飲み方が楽しめるお酒!
このお酒をさらに熟成させたらどんな味になるんだろう‥?
もっと樽の香りが増して、麦の甘みやコクが増しそうですよね。
そう思った方はご安心を!
既に薩摩酒造さんは『神の河』を樹齢100年を超えるホワイトオーク樽で12年間長期熟成させたリキュール『SLEEPY OWL』(スリーピーオウル)を発売されています!
気になる方はぜひ合わせて飲んでみてくださいね!

おわりに

今回は『神の河ハイボール』試飲レポートをお届けしました!
コンビニエンスストア限定販売なので、コンビニに寄る時にお酒コーナーものぞいてみてくださいね!
皆さんの感想をSNSで見るのを楽しみにしています!

投稿者プロフィール

亜樹穂
亜樹穂
焼酎プロモーションメディア「RANBIKI」編集長/焼酎プロモーター
1994年生まれ。東京都出身。
好きなものはあん肝と白子。趣味は美味しい飲食店めぐり
味や香りを表現する方法として、音楽や映画を用いることに挑戦中。

学生時代に本格焼酎と出会い、「一人でも多くの人に本格焼酎を飲んでもらいたい」「焼酎=パワフルのイメージを払拭したい」想いが強くなる。
その後独学で焼酎の勉強を始める。現在は焼酎唎酒師を取得しようと奮闘中。